HOME > かにの種類と特徴 > たらばがに

たらばがに

たらばがには、日本海から北海道沿岸、オホーツク海からアラスカ沿岸まで分布し、大型のかにの中では味が良いといわれています。特にたらばがにの缶詰は、かにの缶詰の中でも最高級品です。実は、たらばがにはかにではなく「やどかり」の仲間で、「たら」の漁場と重なることからこのたらばがにという名がつきました。

たらばがにの食べ方(身の取り出し方)

ゆでたたらばがにの身の取り出し方です。

 〜殻をはずして取り出す方法〜
1)平たい部分を上にして持ち、足のつけ根から節に向かって、左右両側にキッチンばさみで切り目を入れます。
2)殻をはずして身を取り出します。

 〜引っ張って取り出す方法〜
1)関節の下の薄い膜の部分にぐるりとキッチンばさみで切り目を入れます。
2)足を引っ張って身を取り出します。
※かにしゃぶのときなどに扱いやすくなります。

足の細い部分
1)関節の下にキッチンばさみで切り目を入れます。
2)足を引っ張って身を取り出します。

ツメ
殻の比較的やわらかい部分にキッチンばさみで切り目を入れ、身を取り出します。


1)大きいままの場合は、包丁で縦半分に切ります。
2)やわらかい殻をキッチンばさみで切ります。
3)菜箸などで身を取り出します。

たらばがにの上手な食べ方

たらばがにの上手な食べ方を動画で紹介しています。

>> トップページに戻る

激安かにの通販